FTMとの出会い

性対象であるかは別にして、FTMとの出会いには事欠いていないんだよ。
と言うのも、僕はあるおなべバーの常連なんだよね。そこにはFTMの女性がいっぱいいるから。
おなべバーと言っても別に男性客が敬遠されているわけでないよ。むしろ歓迎される。嫌われるのは、FTMを性対象として口説きに来るような男たちでね、僕が通っているおなべバーのママ(ママと言っていいのかな?)はその辺はきっちりと取り締まっている。
だから、FTMの女性客はたくさんいるし、イケメンママ(ママもFTMなんだけど男の僕から見てもイケメン)目当ての普通の女の子も大勢いる。僕もそんなFTMのお姉さん方々に「たっつん」と呼ばれて仲良くさせてもらっているよ(名前がタツオなんで)。
で、FTMとの出会いの話だったっけ?実はね、僕はイケメンママのセフレなんだよね。
FTMがセフレと言うのも妙な話と思われるかもしれないけど、正確に言えば「性処理係」だね。
店にもなじんできたある時にママからね「たっつんでいいや」と言われて「今日のお勘定はいいからさ、一つ頼まれてくれないかな?」と来た。セックスの相手として指名されたんだよね。
Twitterのフェムネコ
ママ曰く、生理周辺になるとものすごく性欲が沸きあがってきて、無性に股間がじんじんしてくる。気持ちは男なんだけど、分泌される女性ホルモンが自分が女であることを思い出させるんだって。その高まりは同性相手では満足できなくて、一番手ごろな男性である僕が指名されたと言うわけなんだよ。
ラッキーと言えばラッキーだよ。イケメン=美人だしさ、性欲も絶頂にあるから僕の不器用な技でも獣のようによがり狂ってくれて、僕は今後FTMの女性としかセックスでは満足できなくなるのではないか?と思わせるものだった。もっとも、そこですっきりさせたら、次の日からは、また女性たちの羨望の的であるイケメンママに戻るのだけどね。
だから、頭からFTMの女性目当てでおなべバーに行ったら間違いなく敬遠されるけど、僕みたいに通い続けていたらこう言うラッキーもない事もないと思うよ。
さて、今日はゲイバーに行ってきます。こっちでもラッキーないかなー?
レズ掲示板
レズ掲示板