利用規約の内容

 

出会い系サイトに限らずサービスを販売している業種では利用者に対して利用規約を必ず提示することになります。
商品として形のあるものを購入するのではなく、形のないサービスを商品としている場合には手にとってそれを確認することができないため、どのようなサービス内容なのかということをしっかりと理解し、後々のトラブルに発展しないためにもお互いに理解しあうということが目的になっているものと思われます。

 

しかし、その利用規約と言うのはどうしてあんなにも難しく丁寧な文面になっているのでしょうか。
そのため読まずに登録をしてしまうという方が多くいるというのは確かな現状ではないでしょうか。

 

ただし、形が見えないものを利用するということを安易に考えてもらいたくはないと考えます。
というのも女性であればお判りになるかと思いますが、エステの契約にも同じことが言えるでしょう。

 

規約をしっかりと読みこまなければどんなトラブルが発生したとしても、「利用規約に同意しましたよね」の一言で終わってしまうということもあります。
確かに、あまりに一方的な内容である場合には消費者センターや弁護士に相談することで支払いの義務が生じなくなることはあります。
しかしそれでも時間がかかり、弁護士に依頼するとなるとお金もかかってしまいます。

 

そのことを考えてもしっかりと利用規約を読むことでどのような内容なのかということを充分に理解してからサービスを利用しなくてはならないということを肝に銘じておかなくてはなりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ