架空請求

 

架空請求と言うと一昔前、というイメージはあるでしょう。
しかし、現在でも架空請求は存在しています。
女性の登録も利用も無料としながらも、それでも架空請求が来たらどうしますか?

 

架空請求が横行した時代には、警察でも消費者相談センターであってもさまざまな警鐘を呼びかけていました。
まず、架空請求と考えられるもの、もしくは覚えがない請求は無視してかまわないというものです。
そのころの架空請求ははがきで届くものが多く一般的になっていましたが、届いたときにはほとんどの人が不安に駆られたものでしょう。

 

自分が利用したかどうかということが判断できなくても、ネットサーフィンをしていれば知らない間にもしかしたら開いてしまったサイトが悪質なものだったかもしれない、もしかしたらあの時の迷惑メールを触ってしまったことが原因だろうか。
そういった不安がまとわりつくものです。

 

現在でも架空請求は全くなくなったものではありません。
そしてそれにははがきという方法だけではなく、メールなどで届くということもあります。

 

まず、架空請求と思われるものが届いたときには無視をして構いません。
捨ててしまってもいいくらいだとされています。

 

このような架空請求の裏には、個人情報の売買ということが絡んできます。
登録するサイトには、自分の個人情報を入れることが多くありますが、その時にはしっかりと安心できるものだということを確認したから利用することが望ましいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ