管理の甘さからくる援助交際

 

出会い系サイトと切り離せないこととして「サクラ」だけではなく「援助交際」ということもあります。
もともと援助交際と言うのは売春の隠語として生まれた言葉になります。
つまりは援助交際と売春は同語ということになります。

 

多くの場合には、女性が身体を提供し、男性がそれに対してお金を払うということになるでしょう。

 

援助交際という言葉のイメージとして未成年、と言うのがあるのではないでしょうか。
確かに一般的には未成年が売春をすることを援助交際と言うでしょう。
はっきりと明確にお金の授受を目的として出会い系サイトを利用する場合、それは売春ということになります。

 

これは警察が介入する事件だということを認識してもらいたいと思います。
例えば、体が目的で出会ったとしてもそこにその対価としての金銭の授受を事前に連絡し合っていたのでなければ、「タクシー代」としてもしくは「食事をおごってもらう」ということは売春には当てはまりません。
掲示板でのやり取りに隠語を使って売春のやり取りをしていることを見受けることがあります。
本来、優良出会い系サイトでは掲示板の管理をしっかりとしているためそのような内容に値するもの、もしくはその危険性があるものは予告なく削除されます。
しかし、管理体制が甘い出会い系サイトになるとそのような掲示板への書き込みも放置されていますので掲示板自体が荒れてしまっています。

 

管理体制が甘い出会い系サイトでは自分がトラブルに巻き込まれる可能性も充分に考えらえますので気を付けなければならないものです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ