トップページのアダルト表現

 

トップページを一見しただけで悪質かどうか、もしくは利用する価値があるのかどうかを判断することができるものがあります。
それは「アダルト表現がある」ということです。

 

セックスフレンド、不倫、セックス、このような表現がトップページにあるものは登録することはやめたほうが無難です。
それではなぜアダルトを前面に出した出会い系サイトは避けたほうがよいのでしょうか。

 

男性がアダルト表現に惹かれるということは充分に考えられることではありますが、女性も興味のある方は少ないとは言えないのではないでしょうか。
多くのアダルト表現のある出会いサイトは男性をターゲットとしています。
そしてその実情は「サクラによる運営」です。
全ての女性会員はサクラとなっており、男性をだますことでお金を巻き上げる、もしくは高額出会い系サイトとなっておりお金を徴収するということが目的になります。

 

ただし、目的というのはそれだけではありません。
「個人情報の収集」です。
迷惑メールというのは日々何十件、なん百件と送られてくることがあるでしょう。
迷惑メールフォルダに入っていたり、もしくはスパムメールとしてサーバで処理されているものもあるでしょう。
そういった迷惑メールを送る側に個人情報を売るという商売もあるのです。

 

そういったことを考えても、アダルト表現が露骨になっている出会い系サイトに女性が登録をする場合、結局は登録ができないということが多くなってはいるのですが、個人情報であるメールアドレスをただ渡すということになります。


ホーム RSS購読 サイトマップ